カメラ クリーニング用品

カメラクリーニング用品 クリーニングキット DELKIN

センサースコープはカメラの撮像素子を見るためのツールです
デジタル一眼レフカメラの最大のメリットは必要に応じたレンズが使えるということですが、このレンズ交換できるということが最大のウイークポイントにもなります。レンズ交換の際、あるいはズームレンズを使用した際に微細な塵・ホコリなどがカメラ内部に入り込み、撮像素子(ローパスフィルタ)表面に付着することで作品に写りこんでしまうといった問題を起こします。 これはプロ・アマを問わず、デジタル一眼レフカメラを使うユーザ共有の悩みであり、カメラクリーニングの必要性の理由です。
センサースコープ使い方
センサースコープは世界初、そして唯一のデジタルカメラ 撮像素子モニターツールとして開発されました。 カメラのレンズをはずし、鏡筒に差し込むだけで簡単にすばやく撮像素子の汚れを自分の目で確認することができます。

撮像素子にはゴミが付着しやすい
レンズ交換、特に屋外での作業の場合、塵・ホコリの進入を防ぐのはかなりむずかしいものです。 レンズ交換ばかりでなく、カメラ内部にはシャッターやミラーなど可動部品も多く、それらからゴミが出てくる場合もあります。 また、ズームレンズを使った場合、ズームレンズがポンプの役割を果たして、ゴミを内部に吸い込んでしまうという現象も発生します。 購入時にゴミが入っているということも考えられます。
ブロアだけでは不十分です。
ゴミのイメージ
ゴミの写り込みは写真を台無しにする
右の写真は撮像素子の上にわざとゴミを置いて撮影したもので極端な例ですが、似たような写真を撮られた経験を持った方も多いと思います。撮影前のちょっとしたメンテナンスでこのような写真とは無縁になれます。
清掃作業を詳しく知るには カメラ撮像素子の掃除方法 >>>>

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

12