SDカードを宇宙で使う

サンフランシスコに拠点を置くPumpkin Inc.は2000年以来人工衛星用各種コンポーネント、ユニット製品を製造・販売するユニークな会社です。 Pumpkin Inc.は、彼らの製品を支える重要なパーツであるSDカードにDelkin Devices製 工業用SDカードを選択し、以来ずっとPumpkin社はDelkin Devices 工業用SDカードを、宇宙船の中で常に使用し続けています。

Pumpkin社は、市販の「ナノサテライト」を開発・製造する最初の会社でした。 
「ナノサット」とは最大10キロの小型衛星のことです。 2002年以来、Pumpkin社は数多くのCOTSサテライトを販売してきました。 衛星キットの多くはエンドユーザがカスタマイズするためのものです。 
Pumpkin社は今、打ち上げ準備の整ったターンキー衛星として顧客の仕様に合わせて作られた完全な宇宙船の開発にフォーカスしています。

各衛星に搭載されているフライトコンピュータにはSDスロットがあり、そのスロットで使用が許可されているSDカードは唯一、Delkin社拡張温度範囲の工業用SDカードのみです。 
現在の仕様では、フライトコンピュータには複数のスロットが設けられており、少なくとも2つのDelkin 工業用SDカードが付属しています。

初期の立方体型衛星は低消費電力のマイクロコントローラを使用し、2GBの記憶容量に制限されていました。 
Pumpkin社のCEO / CTO、Andrew Kalman博士によると、「宇宙空間は厳しい環境なので、冗長システムは標準的なものと考えます。 最新の設計には、プライマリとバックアップの2つのSDスロットが含まれています。 私たちはSDカードを適切に保持するための対策を取りますが、カードを取り扱う上で他の特別なことを行う必要はありません。 開発中にSDカードを使用することには多くの利点があります。」

顧客は、教育、科学、娯楽、芸術、国防など様々な分野に及び、それぞれの目的でPimpkin衛星を使用しています。

Pumpkin社の顧客への第1四半期の2017年出荷には、前述もターンキー型宇宙船が含まれます。

■ 「Overview1」は、軌道からビデオをキャプチャするためにSpaceVR用に設計され構築されたバーチャルリアリティ宇宙船です。

■ 「バッカニア」はオーストラリアのニューサウスウェールズ大学向けに教育目的と実験目的のために作られました。

■ 「SUPERNOVA」は、米国海軍のRapid Innovation Fundプログラムで設計された多目的ビークルです。このフライトユニットは、空軍工科大学によってフライト認定を受けました。 テストでは、連続して読み書きをしながら、真空下でのホットサイクルとコールドサイクルを含む空間の影響をシミュレートします。 SUPERNOVAにはNSA認定のハードウェア暗号化通信が含まれており、サイバーセキュリティ専門家が当社の電子機器を見直していることが確認されています。