フラッシュ耐久性とSMART情報の活用

「当社の製品は200ドル以下で販売されており、高価なSDカードを採用することは許されませんでした。」

あなたがモペッド(エンジン付き自転車)にジェット燃料を入れないように、安価な製品には通常高価なSLCベースのカードを付属したりはしません。 誰も199ドルのもSDカードを必要とする60ドルの機器にお金を払う人はいません。 これは工業製品の現実であり、時には正しいカードの価格ポイントが高すぎるため、OEMの場合、経済性を優先するため安価なカードの採用が必要となる場合があります。しかし、だからといってそれが問題を覚悟した上での選択という意味でもありません。

カスタマーストーリー

SDカードが消耗により、どの製品でも年間約1回の障害が発生する傾向にありました。 この問題は、データを収集のために設計された数百から数千もの安価なデバイスを顧客が導入したとしても管理可能と思えました。彼らがデバイスの98%からデータをプロットすることができれば、通常は必要なものを得るのに十分でした。私たちのデバイスは、24時間7日間連続でカードに絶えずデータを記録していたので、SDカードを使い切る傾向がありました。 安価なMLCベースのSDカードを使用すると、カードのTBW規格を超えることが多く、最終的には読み込み専用になります。

私たちはホストが過酷な環境で動作していることを認識していました。したがって、TBの書面による制限を超えることに加えて、私たちはしばしば、私たちのデバイスがテキサスでは極端に熱い環境の中で、ベネズエラのような場所のサイトで巨大な温度変動がある中で使われていることがわかりました。 これらの温度変化および極端な変化は、SDカードの消耗を加速し、カードをより早く破損させることがあります。 私たちは約10ドルの予算を持っていたので、エラーが起きれば新しいカードに置き換えました。

デルキンの調査

「私たちはデルキンのフラッシュメモリーの耐久性に関する論文を見たことでデルキンと知り合うことが出来た」と話し始めた。それを機会にSDカードのエラーとカードの識別法、交換するためのプロセスについての検討を開始しました。

デルキンの顧客アプリケーションエンジニアリングチームが関与し、環境に関する一連の質問だけでなく、使用されているOS、アプリケーションソフトウェア、そして最終的にカードがどのようなワークロードを経験しているかについても尋ねました。 カードは消耗していました - プログラム/消去サイクル数(P/Eサイクル)がフラッシュの定格を超え、スペアブロックが消耗して カードは無効化されていました。この障害モードは、使用モデルに適しており、この使用環境でMLCベースの製品ではそれ以上のことはできませんでした。 今回、Delkinの役割がサプライヤーよりもコンサルタントということもあり、状況を改善するためにできることすべてを実行していることを再確認することができました。

デルキンソリューション

議論された1つのポイントは、カードの寿命末期の故障が予測できる場合、状況は顧客にとってより管理しやすいことであった。

提供された解決策は、Delkin SMART Dashboardとライブラリを含むSMARTコマンドのDelkinのサポートを使用することでした。このユーティリティは、ユーザが選択した間隔で重要なカード情報を抽出することを可能にします。 このデータには、カードの残存寿命の推定%、消去回数、残りのスペアブロック情報が含まれます。 このツールを使用すると、フィールドに展開する前に、または定期的に予定されているメンテナンススケジュールに合わせて、製造元または顧客が情報を入手することができます。 約10%未満のライフサイクルが残っているSDカードは、フィールドでエラーが起きる前に置き換えられます。

このソリューションは、顧客にとって完璧であることが判明しました。 装置の構成要素が検査された定期的な保守間隔があり、このステップをプロセスに追加することによって、顧客は現場の故障をほぼゼロに減らすことができました。

しかし、デルキンのスマートツールはデルキンカードでしか使えなかったので、顧客は仕様変更をする必要がありました。

学んだ教訓

問題を解決するには複数の方法があり、問題を緩和する方法を探している顧客とDelkinとのチームとして働くことが重要です。ホストの使用モデル、およびホスト環境が正しい解決策を得るためには、長い道のりを歩むことができます。いくつかのソリューションはコストに重点を置くことができ、あるレベルの欠陥が許容される可能性があり、他の設計にはゼロの障害要件があり、既知の問題を回避するためにカスタム設計またはより特長のコントローラが必要です。最も重要なのは、責任を回避する理由を見つけるよりも、問題の解決に重点を置いたサプライヤーを選ぶことです。