産業用CFカードと民生用CFカードの違いは何ですか?

産業用CFカードと民生用CFカード、その違いは決してフラッシュチップだけではありません。

主な違いは5つあります。

1. ファームウェアアルゴリズムの違い。
産業用CFファームウェアアルゴリズムは、欠陥管理、エラーチェック、訂正などの最もインテリジェントなプログラミングを備えています。

2. ドライブのディスクタイプ
 市販の民生用CFカードは、リムーバブルディスクとしてよく使用されます。 産業用CFカードは、通常、組み込みアプリケーションに使用される固定ディスクです。

3. 予期しない停電に対応する能力
 停電に対しては産業用CFカードは、ソフトウェアによって保護されるだけでなく、予想外の破壊的な電力変動に物理的に抵抗するように設計されています。 民生用CFは通常、ソフトウェアによってのみ保護されます。

4. 温度条件の変動
 産業用CFカードは-40℃~85℃で使用できますが、市販の民生用CFカードは動作温度範囲が-25℃~85℃です。

5. フラッシュメモリーの種類
 SLC(シングルレベルセル)フラッシュを使用する産業用CFカードと、MLC(マルチレベルセル)フラッシュを使用する市販の民生用CFカードで異なります。